スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GASGASチャンバー洗浄

ショップでお願いすれば自分の手を汚さず綺麗に仕上げてくれますチャンバーの洗浄・・・。
しかし2万円以上掛かる金額・・・。最低でも年一回はした方がいいと・・・。

NSRminiのチャンバー洗浄とかは中身が空っぽなんで手間はかかりますが簡単に出来ましたが、トライアルバイクのチャンバーはアルミだし中身はウールやら入ってるしソレを何とかしないと意味が無い。。。
しかし、アルミ溶接って道具が・・・MIGやら買うのは費用が・・・。
チャンバーの一部を切り開いて洗浄後ソレを蓋できればいいだけなんでもっと簡単な方法・・・。
ってことで、ガス溶接に行き着いた訳で。これがなかなか難しい!!
硬ロウ、もしくはアルミソルダー。専用のスラックスを使い溶接していくのだが・・・。
もっとなんかないかな~と探しに探しました。
すると硬ロウ並みの強度でスラックスが必要なく溶接できる物を発見!
チョッと高いけど、アルミソルダーとそれほど金額は変わらないかな・・・?

で。エイヤ~!っと・・・。
2012032801
こんな感じにオイルに塗れてアルミに使える洗浄液を作り浸け置きし一晩。
その後高圧洗浄で洗い流し写真撮るの忘れたけど外中共にピカピカに。
今回は中身は石綿(ボンスター)を詰めました。
そして、今回初のアルミガス溶接。
ステンブラシで磨き母材を暖め・・・加減が難しい・・・。
汗汗しながらもやって行くうちなんとなくコツをつかんできたぞ・・・。

そんなこんなで・・・。
2012032802
後は、少し溶接部分をならして
2012032803
こんな感じに完成!
もうちょっと外に着くように向けたほうが良かったかな・・・。
サイレンサーが内側気味だな・・・。
まぁ今までもこんなもんだったんで許してチョ~
ついでにエキパイもアフターファイヤー並みにゴ=!っと焼いてみました(笑)
知ってるヒトは解りますよね?エキパイからゴ==!!って。
2012032804
で、スッカリ焼けてキレイキレイ!

今回の材料費用は溶接棒、トーチガス、洗浄薬、ボンスターで実質約5000円ぐらいかな?
修行をつんで今度はシェルコのチャンバーですね~

そういえば・・・。
ワタクシがせっせと働いている中、長男は東京モーターショーに行って来ました。
別に・・・ワタクシも行きたかった!なんてスネマセン!
2012032805
『いや~よかったな~』って、笑いながら四の地固めしてもいい?(笑)



スポンサーサイト

テーマ : ひとり言
ジャンル : 日記

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

森の熊さん

Author:森の熊さん
森の熊さんブログへようこそ!


最近の記事
カテゴリー
森くまにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。