遅れながら、北海道大会の話

北海道は和寒町で全日本トライアル選手権が開催!
今大会第5戦って事で、残り2戦になりましたね。
少し早めに北海道へ向かい、青森~函館をフェリーで渡りひたすら走るルートで向かいました。





北海道は下道でも地元車両は随分お速い…。

せっかく北海道まで来たので何ヵ所か行きたい所が有ったので見てまわって和寒まで向かいました。日射しは暑いのですが、カラッとしてて日陰だと過ごしやすかった。
会場には早く到着していたので、チーム員の分も含めて場所取り!自分の分のテントを設置して朝食をとります。

20160725142425219.jpg

時間が経つにつれメンバーや見慣れたメンツが続々到着。
各々の準備に取り掛かりウォームアップと受付時間、そして下見時間になります。
ウォームアップと下見に関しては今回作戦と言いますか、方法をしっかり考えて来ました。

2016072501

慣れもあるのでしょうが、今までよりも充実した前日での準備ができました。
今回北海道のセクションは登りが多いですね。昨年よりも難し気味だそうです。
16時からライダーアシスタントミーティングに参加し前日を終えます。

宿入りし次男は明日本番の為に早めに床につきワタクシは持参の焼酎でもう1杯(^^)

イビキで迷惑をかけて朝を迎えた大会当日の早朝。
6時には現地で朝食をとり身体を起こしていきます。

セクションは10セクの2ラップ。
前回までの成績のよりスタート時刻もIBクラスの中でも後半のスタート。
もちろんワタクシもそれに向け本番衣装にお着替え。
今回はワタクシのヘルメットも新調しオリジナル塗装を施して頂きました!
これがまたカッコイイ!機会があったらUPします。

大会が始まり1ラップ目。
気持ち的にも落ち着いてて、目線から身体の動きから凄く状態のいいトライでした!
その結果、1ラップを終えた時点で3位!
燃料補給とクールダウン、栄養補給を済ませ2ラップ目に入りました。

2016072503

2ラップ目も前回減点を取ってしまった所の修正を完璧にこなしクリーン、又は減点を減らす事に成功するトライを連発させてました。
第5セクション。
このセクションも次男は難しいがクリーンで行ける!と確信、自信があったセクションでした。
ヒルクライムからステア。左へ振って登りステアでOUT。
のはずでした。ですがここでアクシデント。
ヒルクライムし左に振る時にまさかのエンスト。どうやら半クラを強く当ててしまった様です。
その影響でバランスを崩しエンジン再スタートは叶わず足が出てしまい痛恨の減点5・・・。
次男もショックで表情が落ち込んでました。 性格的に落ち込んでしまうとボロが出る性格な次男。
何とか集中力と気持ちを前に向かせようとワタクシも試みましたが、そんな簡単に気持ちを切り替えるなんて出来ません。
そのせいでアクションが硬い。緊張しすぎている。
それでも前向きになるよう、現在の状況の良い点をアドバイスしながら大丈夫、大丈夫と最後の最後まで次男らしい走りが出来る様に声かけをしました。
最後の10セクションも後半にあった高めのステアも気持ちよく上がれ競技を終えます。

最近ではお約束になりつつある「ゴールしたら拳を合わせる」のもやれる事はやれた。と失敗はありましたがお互いに思っていましたね。

各競技が終わり暫定結果が発表され順位を確認すると、失敗苦戦しつつも5位入賞!
前回の九州大会は4位でしたので、1つ順位を落としてしまいましたが今回はこのような結果になりました。

2016072502

2016072504

次男もエンストは悔しいがそれも自分の技量と受け止め、今回の順位を受け止めてます。

ここからがワタクシの大仕事!
当日中にフェリーに乗り日付の変わる頃には青森に着きたかったので、せっせと車を走らせました・・・。

これでランキング6位。
もう一つでもランキングが上がれるように頑張りましょう~!



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アクセスカウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

森の熊さん

Author:森の熊さん
森の熊さんブログへようこそ!


最近の記事
カテゴリー
森くまにメールを送る

名前:
メール:
件名:
本文:

最近のコメント
リンク
月別アーカイブ
最近のトラックバック
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
RSSフィード
ブログ内検索